ここだけ抑えておけば大丈夫!TOEIC前日までの対策

画像ファイルのテキスト情報

TOEIC本番までの学習方法を項目ごとにご紹介していきます!

①TOEIC学習のポイント
②リスニング、リーディング別試験対策
③Part別、出題形式の解説と対策
・part1-2
・part3-4
・part5-6
・part7

③以降については、こちらをご確認ください。

①学習のポイント

学習を進めるにあたって必ず行うべき3つのポイントを説明します。

1.単語学習は学習時間を決めず毎日行う
2.毎月(試験まで時間がない人は毎週)最低1回は模擬問題集を通しで解く
3.週に一度学習の進歩状況を確認する

1.単語学習は学習時間を決めず毎日行う

単語は、1つの単語に対して接触回数を出来るだけ増やし記憶に定着させていくことが大切です。
どんなに時間が取れないときでも1単語だけでもいいので毎日単語を記憶していきましょう!
1日にどこまで覚えるか、など目安を立てることももちろんいいと思います。
しかしノルマが達成できたから単語は終わり、などではなく
スキマ時間などを利用して1日に出来る限りの単語と出会えるようにしていきましょう。

2.毎月(試験まで時間がない人は毎週)最低1回は模擬問題集を通しで解く

TOEICのテストは2時間通して行われます。試験には知識ももちろんのこと
2時間の試験をいかに集中力を切らさずに試験に望めるかということもスコア獲得の鍵となってきます!
つまり、2時間の試験に慣れる練習がとても大切です!
試験本番までに模擬試験を最低10回、本番同様の条件下でおこない試験になれましょう!

3.週に一度学習の進歩状況を確認する

週に一度、単語はどの位まで覚えたか・問題集はどの程度のペースで進めたのか
一週間の学習の進歩状況を確認しましょう
学習計画通りに進めているか、学習時間が十分に取れているかを一定のペースで
確認をすることで、学習の効率が向上します。
また、早い段階で学習計画を改善し見つめなおすことでより質のいい学習計画
を立て直していくことが出来ます。

以上3つのポイントは定期的、継続的に進めていくものです。
最初はめんどくさい…など思うこともあるかもしれませんが、習慣づけて頑張っていきましょう!

②リスニング、リーディング別試験対策

リスニングの試験対策について

ここで一つポイントがあります。
それはリーディングの音声を活用する事です。
問題集についている音声はリスニングだけでなくリーディングパート
についても収録されています。
リスニングの問題だけでは数が限られているのでリーディング問題の
音声を聞いてリスニングの学習に役立てましょう!
それでは上記3つの学習方法について説明します!

1.一つの文章を聴き込む

スクリプトを見ながら単語が全て 聞こえるようになるまで聞き込みます。
まずは英語の音に慣れる事が第1ステップです!
英語の音に慣れない事には、単語や文法が分かっていても聞き取れません
単語の音を確認して、一つ一つしっかり聞き取れるようにしていきます

⒉オーバーラッピング(真似して音読する)

CDを聞きながら同じタイミングで音読をします。
スクリプトを見ながら、英語の抑揚やアクセントに注目しながら音読するしましょう!
自分で言えるようになれば容易に聞き取れるようになってきます
ここのステップでは英文の意味を暗記しながら音読します
TOEICの試験では同じような文章パターンが多くでてきます。
会話や文章覚えておく事が試験対策になります。

⒊シャドウイング

CDを聞きながら少し遅れて音読します
この時スクリプトは見ません。
ここでは聞き取れなかった単語を確認するのが目的です!
聞き取れなかったところはマークをつけ、②のステップからやり直して定着させましょう
「聞く」・「発音する」を同時に行うわけですので難易度は高いですが繰り返し練習し
続けることで確実にリスニングスキルが身につきます!
頑張っていきましょう!

以上3つのサイクルを完璧になるまで繰り返しましょう!
他にも単語帳の音声を活用して、単語一つひとつの発音を学ぶことも
リスニングのスコアアップに繋がります!
単語を聞き取ることが出来なくてはリスニングで点数を取れるはずがありません
丁寧に単語の発音を捉えて覚えていきましょう!

リーディングの試験対策について

次にリーディングパートの学習方法について説明していきます
リーディングパートについてもの3つのサイクルを繰り返しながら学習を進めます
1.文章を精読する
2.全ての文章を音読する
3.文章を暗記する

1.文章を精読する

精読とは、英文の一文ずつを綿密に分析しながら読み進めていく学習法のことを言います
精読をする事で、英文構造を理解し、正確に読む事が出来るようになります。
精読のやり方を説明していきます!以下2つのステップを踏んで精読を行います。
STEP1 英文をじっくり読み、意味が完璧に理解できているか確認する
STEP2 英文の意味が理解できない場合、理解できなかった箇所は分析し、原因を解決する
それでは詳しく説明していきます!
STEP1 英文をじっくり読み、意味が完璧に理解できているか確認する
一文ずつ丁寧に単語や文法を確認しながら読んでいきます
文脈や、単語が分からないところには後で確認出来るように印をつけて
おきましょう
STEP2 英文の意味が理解できない場合、理解できなかった箇所は分析し、原因を解決する
英文が読めなかった原因が単語にあるのか文法にあるのか、またはその両方なのか
原因を確認し、解決しましょう!
これをすることで、自分が何が理解出来ていなかったのか、どういう勉強を
していくべきなのか弱点を知ることが出来ます。
精読をする事で英文をなんとなく、ではなく完璧に理解出来るようになります。

2.全ての文章を音読する

意味を理解しながら音読します
意味の分からない単語が出てきたとしてもそのまま読み進めましょう
これは知らない単語か出てきた時に前後の文脈から推測して分を読み進める
癖をつける事が目的です。
1つの文章を読み終えてから単語の意味を確認します
ここで、分からなかった単語についてはマークをし、ノートにまとめオリジナルの
単語帳をつくっていきましょう
単語帳だけでなく、問題集にでてくる単語もTOEIC頻出単語であることが多くあります
でてきた単語は漏れなく覚えましょう!

3.文章を暗記する

TOEICには会話やシュチュエーションなど頻出パターン
が多くあります。
問題文を暗記しておくことで、初めて見る文章だとしても
ある程度設問や答えの予想をつけることができます。
そうする事で余裕をもって回答できるようになってきます。
これは試験時間短縮にも繋がります
問題を暗記するまでやり込みましょう。
暗記をするには、問題を解くだけでなく音読する事も有効的です。
英語を読みながら内容を理解できるように何度も復唱しましょう。

③以降については、こちらをご確認ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。