とっておきのTOEIC参考書と勉強法


「TOEIC勉強のためにどんな参考書を買えばいいのかわからない」
「参考書でもどんな特徴があって良い悪いの判断がわからない」
そういったひとも多いのではないでしょうか。
そこで、今回は参考書について特長と学習方法をそれぞれ説明していきます。

画像ファイルのテキスト情報

①TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ

特長

・収録されているフレーズがそのまま試験にでる
・レベル別に単語が分かれていて目標を決めて取り組みやすい
・単語をフレーズで効果的に覚えられる

学習方法

単語をすぐ忘れちゃう!途中で飽きちゃう…なんて事ありませんか?
これから金のフレーズを使った効率の良い単語の覚え方をご紹介していきます!

まず単語帳の:使い方としては2パターンの活用方法があります!
パターン1 見て覚える勉強方法
パターン2 聞いて覚える勉強方法
それぞれ説明していきます!
*金のフレーズはレベル別に単語が分かれています。
 目標スコアに応じた範囲の単語をおぼえていきましょう!

パターン1 見て覚える勉強方法

単語帳に出てくる単語を見て、覚えていく一般的な方法ですが
ここでオススメの覚え方について、行っていく手順ごとにご説明いたします。

STEP1 1週間以内に単語帳全体(自分の覚える範囲)に目を通す
STEP2 2周目からは印をつけた単語だけ目を通す
STEP3 単語を覚えてきたら左のページにある単語を含むフレーズごと覚えていく


STEP1 1週間以内に単語帳全体(自分の覚える範囲)に目を通す
     ここでは単語を覚える必要はありませんが、どんな単語を覚えていくのか軽く把握しておきましょう
STEP2 2周目からは印をつけた単語だけ目を通す
     1単語につき10秒以上時間をかけず、1日に100単語を目安に目を通して覚えていく
     最初は覚えられなくても、一つ一つの単語の接触回数を増やすことでしっかりと
     記憶に定着させていきます
STEP3 単語を覚えてきたら左のページにある単語を含むフレーズごと覚えていく
     金のフレーズには、覚える単語以外にもTOEICに頻出の単語がのっています
     フレーズがそのまま試験にでてきたなんてこともありますのであますことなく記憶しましょう

パターン2 聞いて覚える勉強方法

金のフレーズは全単語、フレーズの無料音声がついています!
まずこちらをダウンロードしてスキマ学習の活用や、リスニング対策をしましょう。
音声を使った学習方法を紹介していきます。
以下2つのステップで学習していきます!

STEP1 音声を聞きながら、単語帳を見て単語を確認していく
STEP2 音声のみを聞いて頭の中で「英語→日本語」の変更ができるか確認する(できるまで続ける)


STEP1 音声を聞きながら、単語帳を見て単語を確認していく
     最初は音声になれていくだけで大丈夫です。
     何度も繰り返して、単語の発音を確認していきましょう。
STEP2 音声のみを聞いて頭の中で「英語→日本語」の変更ができるか確認する
     音声で単語が聞き取れるようになってきたら音声から単語を日本語に変更する練習をしましょう。
     一つ一つの単語を聞き取り、意味を理解することがリスニング力を上げる第一歩になります。
     この2つを根気強く続けることが大切です。

2つのパターンの勉強方法に共通している大切なことは
必ず毎日続けることです!!!
どうしてもやる気が出ない。時間がない。などという時もあると思います。
そんなときは1つだけでもいいので単語と触れ合い、少しでも多く単語との接触回数を増やしましょう。
人の記憶は忘れるようにできています。
忘れてしまう事を前提に毎日単語を思い出す訓練をしましょう!

②公式TOEICListening&Leading 問題集

特長

・ESTが制作した公式教材のため、本番のテストを体験できる
・本番と同じ公式スピーカーによるリスニング音声
・参考スコア範囲内の加算表でスコアの目安がわかる

学習方法

まず公式問題集を使用する目的をお伝えいたします。
・自分の実力レベルを測り、自分の伸ばすべき弱点を把握する
・本番の試験を体験することで、対策を立てることができる
・本番に慣れることができる
以上3つです。

それでは学習手順に従って学習方法を説明していきます。
公式問題集は6つのstepを踏んで学習を進めていきます。

STEP1 本番と同じ時間内で模試を解いてみる。
STEP2 1回目に解いた模試の採点をせずに、時間制限なしで解けなかった問題を解く。
STEP3 答え合わせをして、不正解の理由を答えられるようになるまで回答を熟読する。
STEP4 知らない単語をまとめオリジナルの単語帳を作る。
STEP5 試験対策を練る。
STEP6 本番と同じ条件の中、何度も模試を繰り返し本番の試験に慣れる。
STEP1 本番と同じ時間内で模試を解いてみる。

 先ずは本番と同じ条件で模試を解いてましょう!
 今の力を試すことで目標スコアを達成するにはどこをどのくらい伸ばせばいいのか
 把握することが出来ます。

STEP2 1回目に解いた模試の採点をせずに、時間制限なしで解けなかった問題を解く。

 採点をする時、時間がなくて解けなかった、単語が分からなくて解けなかった、問題文を読み間違えた。
 などといった不正解の原因をしっかり分析することができ、弱点を発見をすることが出来ます。

STEP3 答え合わせをして、不正解の理由を答えられるようになるまで回答を熟読する。

 全てに言えることですが、ただ正誤確認をするだけではなく、
 どうしてこの答えになるのか理解することが大切です。
 そうすることで似た問題が出たときに同じ間違えをしなくなります。

STEP4 知らない単語をまとめオリジナルの単語帳を作る

 単語帳だけでなく問題集ででてきた単語もくまなくしっかり覚えましょう!

STEP5 試験対策を練る。

 partごとに自分の弱点や得意分野を把握し、
 問題を解く順番や時間配分を決め、
 目標スコアを達成するための試験の進め方を決めていきましょう。

STEP6 本番と同じ条件の中、何度も模試を繰り返し本番の試験に慣れる。

 TOEICの試験はリスニング・リーディング合わせて2時間通して行われます。
 つまり、2時間集中力を切らさずに試験に臨めるようになっておくことが大切です。
 そのためには本番と同じ条件下で模試を何度も解くことで、ペース配分や、問題形式に慣れていくことが重要です。

以上6つのstepを行い本番の試験の感覚をつかみましょう!

③TOEIC L&Rテスト至高の模試600問

特長

・難易度、問題タイプ共に本物そっくりの模試が3セット収録されている
・TOEICの一流講師がセミナーでしか教えないテスト対策法やテクニックが
コラムとして収録されていて役立つ情報が満載!
・解説が丁寧。不正解の理由も丁寧に解説されているので間違えた問題に対する
疑問も解消されます

学習方法

本書が推奨している学習法に「3回チャレンジ法」というものがあります!
模試の効果を最大限に得られる方法として推奨されており、
この方法でTOEIC試験への理解を深めた人も多いです!
これからご紹介していきます。

その前に!まず問題を解く前に準備するべき事が1つ!
マークシートをコピーしておきましょう! この参考書のマークシートには
勘BOXという回答の横に☑がつけられるようになっていて、
悩んだ問題に印をつけられる便利な使用になっています! コピーをして
何回でもこのマークシートを使って勉強ができるようにしておきましょう!

さてここから本題にはいります!学習手順を説明していきます。

STEP1 受験1回目:時間制限を設け、本番と同じように受験する
STEP2 受験2回目:時間制限なしで再度受験する
STEP3 復習をする:2回の受験が終わったらここで初めて解説を読みます
STEP4 受験3回目:1回目と同様に時間制限を設け、本番と同じように受験する
STEP5 STEP3と4を完璧に答えられるようになるまで繰り返す
STEP1 受験1回目:時間制限を設け、本番と同じように受験する

 2時間の制限時間以内に、200問を解いていく。ここでの目的は
 「出来ること」と「出来ないこと」を区別することです
 自信のない問題については「勘BOX」にチェックをいれておきましょう。
   (ここではまだ答え合わせをしない)

STEP2 受験2回目:時間制限なしで再度受験する

 2回目の受験は英語力が完全に発揮された自分の限界点を知ることが目的です。    
 リスニングは何回聞いても大丈夫です。
 正解を確信するまで取り組んでみてください!

STEP3 復習をする:2回の受験が終わったらここで初めて解説を読みます

 復習する目的は英語力と解答力を高めることです
 すべての英文が完全に理解でき、不正解の選択肢がなぜ不正解であるかまで説明
 出来るようになるまで仕上げましょう!これを徹底的に行うことが英語力を上げる肝心な
 ところです!分からないところをしっかりつぶしていきましょう!
 解説では解き方のコツについても触れています参考になったところをメモしておくのもオススメです。

STEP4 受験3回目:1回目と同様に時間制限を設け、本番と同じように受験する

 試験本番同様の条件で模試を受け、解答できなかったところを
 上記と同じように復習しましょう
 特長の所でもお伝えしましたが、この問題集は難易度、
 問題タイプ共に本物そっくりにできています!
 ここでしっかり苦手をなくして、本番に備えましょう!

上記のステップを模試3回分!根気強く取り組んでいきます。
しんどくなる時もあると思いますが、これを続けたおかげで私はだいぶ試験に慣れ、
更に英語力をUPさせることが出来ました!
頑張ってL&Rテスト至高の模試600問を使いこみましょう!

④TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問

特長

・part5で出題される文法事項がこの一冊で網羅できる
・更にはpart6で出題される文法事項もカバーされていて安心して取り組むことが出来ます
・収録されている問題すべての音声がダウンロードすることができ、リスニング
練習としても活用可能!

学習方法

この参考書を手に取った時これ全部やるの…?なんて不安になりませんでしたか?
でも参考書の構成と使い方さえ知ればなんだ!こんなものか!と思っていただけると思います。

本書の構成
・第1~7章において問題タイプ別の解き方の解説と問題演習 約300ページ(解答含む)
・文法模試40問×9セット
・文法問題1000本ノック
・英文音声無料ダウンロード付き


まずこちら、TOEIC600ラインを目指す方は全てを完璧にする必要はありません。
TOEICの試験より、やや難しい問題も入っているのでそこは飛ばして、
文法の基礎力をしっかりと身につけられるところを重点的に演習し、
Part5の出題形式とそのスピード感に慣れることが目標です!
(Part5の出題形式や特長などは他の所で説明する)

では、どこをどんな風に学習していくのか説明していきます!

STEP1:第1章~第7章までの問題タイプに学習できるパートでの文法の基礎をしっかりつくる
STEP2:時間を測って第1~7章の練習問題を解き(1問20秒)答え合わせをして不正解の部分は
    なぜこの答えなのか説明できるようになるまで確認する
STEP3:第1~7章までの練習問題で不正解だったところに印をつけ、ミスなく解答できるまで
    やりこむ
STEP4:本書に記載されている制限時間のなかで模試を解く
    この時、解き終わらなかった問題は答え合わせをする前にもう一度時間を測りながら解き切る
STEP5:音声を聞いてリスニング練習に役立てる
STEP1:第1章~第7章までの問題タイプに学習できるパートでの文法の基礎をしっかりつくる

第1~7章では品詞や動詞など、問題タイプ別の解き方とその問題演習がのっています。
なず解き方をみて、それぞれの文法をおさらいし、演習問題を解きましょう
*品詞問題のみ、演習問題が4つのレベルに分かれています。1番難易度の高い実践問題発展編は
レベルが高いのでここは飛ばしても大丈夫です。

STEP2:時間を測って第1~7章の練習問題を解き(1問20秒)答え合わせをして不正解の部分はなぜこの答えなのか説明できるようになるまで確認する

Parts5はPart7に時間を残しておくために約10分で解き終わるのが
理想的だと言われています。そのためスピード感を持って問題に取り組むことが大切です。
1問20秒という時間設定を設けて問題演習に取り組みましょう。
間違えた問題はなぜこの答えなのか説明できるようになるまで確認することで理解力が深まります!

STEP3:第1~7章までの練習問題で不正解だったところに印をつけ、ミスなく解答できるまでやりこむ

文法は基本を押さえることが大切です。第1~7章までの演習問題でミスしたところに印をつけ
印のついた問題を完全に理解するまで、何度も解きなおしましょう。
基礎力が身につきます!

STEP4:本書に記載されている制限時間のなかで模試を解く
    この時、解き終わらなかった問題は答え合わせをする前にもう一度時間を測りながら解き切る

章が終わると総仕上げのための文法問題のみを扱った模試問題が9セット用意されています。
40問を15分で解答できるようにトレーニングしていきましょう!
最初から時間内で解き終わらなくてもいいので時間はしっかり計りましょう。
この時、解き終わらなかった問題は答え合わせをする前にもう一度時間を測りながら解き切ります。
トータルどのくらいで解き終わるのか記録しておくことでどの位タイムを縮めればいいのか。
という課題対策ができますし、練習を重ねるうちにどの位成長したか進歩状況がわかります!

STEP5:音声を聞いてリスニング練習に役立てる

この本では問題英文すべての音声のがダウンロード可能です。
音声を聞き、音読したりシャドーイングを行うことで、リスニング対策にも役立てましょう!

こちらの本には解答や問題文のなかにもTOEIC頻出単語がたくさん詰まっています。
語彙力対策にもなりますので知らない単語は随時メモをして確実に覚えていきましょう!

第1~7章までの問題と、文法模試を完璧にすることで英文法をマスターし
Part6、7のスコアUPにもつなげていきましょうね!

⑤NextStage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

特長

・高校までの基本的な英文法を効率的に身につけることができる
・発音、アクセントを収録した音声CD付きで発音の勉強も可能
・左に問題、右に回答がついている見開きで使いやすい。
すぐ隣に回答があるのでサクサクと問題を解きやすい

学習方法

高校までの文法が不安だという方はNextStageを使って高校の文法を完璧にしておきましょう!
この教材はPart1からPart6の6つのセクションに分かれていて、
この1冊でサクッと高校までの文法を網羅することが出来ます。
内訳はこんな感じです。
Part1文法、Part2語法、Part3イディオム、Part4会話表現、Part5単語、Part6アクセント・発音
あくまでもTOEICの勉強はTOEICに特化した教材で進めていくのがいいので、補助教材として使いましょう。

ここでの学習方法は大きく分けて2つあります。

①苦手な分野のみを重点的に学習し、弱点をなくしておく
②短期間で1冊を仕上げ、英語の基礎をつくる

順に説明していきます。

①苦手な分野のみを重点的に学習し、弱点をなくしておく

目次から苦手な分野をピックアップし、基礎から理解を深めましょう。
目次を読んでみて「コレどんな問題だっけ?」なんて思ったところもチェックすると
文法問題が解きやすくなります!
不正解の問題はなぜこの解答になるのか答えられるまでにしておきます

②短期間で1冊を仕上げ、英語の基礎をつくる

これはあくまでも補助教材なので、時間をかけずスムーズにTOEICの問題集に取り掛かるために活用します。
TOEICの問題集を解く前に本書を1ページずつ解いていきましょう
期間は1週間~2週間以内に答えあわせまで終わらせます。解答が問題のすぐ隣にあるので取り組みやすいですよ!
ここで間違えた問題はなぜこの解答になるのか答えられるまでにしておきます。
これで高校までの英語文法の基礎はバッチリです!
苦手な分野や間違えた問題を目次などにチェックを入れておくと、弱点を早期に発見できます!

この教材はTOEIC学習を行う前にウオーミングアップとして取り組んでくだい!
苦手分野の復習、発見など活用してみてくださいね

⑥英語のリスニングは発音力で決まる!UDA式30音練習帳

特長

・たったの12日間で発音の基礎が学べる
・1日20分のトレーニングで効果的に英語の耳を養うことができてお手軽!
・「カタカナ汚染度」を測るテストが収録されており、
リスニングでどんなところがつまずいているのか知ることができる

学習方法

本当のリスニング力を身につけるための近道は「発音」を学ぶことだって
知っていましたか?
私はTOEIC850点以上を取得している友人にリスニングが苦手なんだと相談したところ
この参考書を進められました。最短1週間で発音の基礎が掴めるよ!と言われ、
最初はスピーキングのテストでもないのに発音なんて必要あるの…?って思いながら
1週間ならと始めたところ……12日後にはびっくりするくらいリスニングでの音の拾い方が
変わり、スコアが上がりました!ほんとに英語が聞きやすくなっていたんです!!!
なぜ12日間かというと1週間で英語の音に慣れてきたのを感じ、面白くなったので
もっと勉強したいと思い、+5日間かけて教材全ての内容を学びました。
この本は12日間で英語の耳を作れるプログラムになっていますが、1週間でも
英語の音をマスターできるような構成になっています。
だまされたと思ってこの参考書でリスニングの基礎を学びましょう!

感動した本なので、説明が長くなってしまいました!ここから
学習方法について説明していきます

STEP1:「カタカナ汚染度チェック」をうけ、英語の音に対する違いの理解度を学ぶ
STEP2:DAY7、もしくはDAY12日までのトレーニングを本書に従って行う
STEP3:聞き取り効果テストで全問正解できるまで、苦手な音を繰り返し聞く
STEP1:「カタカナ汚染度チェック」をうけ、英語の音に対する違いの理解度を学ぶ

本書の最初のページには、現在どの位「英語の音」を聞き取れているのか
確認できる簡単なテストがあります
意外な音の違いや、自分の発音レベルを確認しておきましょう!
またテキストが終わった後にもう一度受けると、全て理解できるようになっていて達成感を感じますよ!

STEP2:DAY7、もしくはDAY12日までのトレーニングを本書に従って行う

大きく分かれて2部構成になっていて、
1日20分を7日間で英語の発音の基礎を学び、さらに5日間かけて英語の耳をしっかり作ることができます。7日間だけでも十分効果を感じることができます
1日のパートごとに指示や音声に従ってトレーニングしていきましょう!
すべてのトレーニングが終わった後にもう一度発音の音声だけを聞き、鏡の前でマネすると口の形を覚えられ、それだけで効果的な復習になりますよ。

STEP3:聞き取り効果テストで全問正解できるまで、苦手な音を繰り返し聞く

単語ごとに、聞き取りテストが用意されています!
全問正解できるまで、間違えたところの音声を聞きなおし練習しましょう!
この参考書全てを聞き取ることができれば、発音の基礎がマスターできます!
自分の聞き取りにくい音の発見にもつながります、どんな単語に使われているのかTOEICの単語帳でチェックしておくとTOEICリスニング対策にもなりますよ!

簡単な3STEPを7日間もしくは12日間するだけで発音についての謎がどんどん解明されていきます!
最初のページにリスニング力がなぜ大切なのかについても詳しく説明されているので、
飛ばさずに見てみてください!納得感をもって学習に挑むことができますよ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。