TOEICテスト直前対策!まだ何も手をつけられてない方必見!

テスト2週間前からの学習方法

本番間近の2週間の間は本番試験に慣れること・苦手を潰していくこと
この二つに注力して学習します。
スムーズに学習に入っていくために、日ごろの勉強から苦手な文法や
覚えられない単語などをノートにまとめておくといいですよ!

<学習方法の進め方>
①模擬問題集を完璧になるまで解きまくる
②苦手orまだ覚えていない単語だけを見て、音読して覚える
③不安の残る分野は専用問題集で反復練習をする

①模擬問題集を完璧になるまで解きまくる

模擬問題集を解くときに2つの事を意識して取り組みましょう

1.集中力を鍛える
2.タイムマネジメントの確認

TOEICの試験は2時間通して行われ、とっても長丁場の戦いです…
その為スコアを伸ばすには知識だけでなく集中力を保ちベストを尽くせるかというところも重要になってきます。
本番と同じ2時間通しで模擬問題集を解いてください。
2時間の試験に慣れることで自然と集中力がついてきます!
試験同様の緊張感をもって模擬試験に挑んでみてください!
TOEIC試験においてタイムマネジメントは非常に大切です。
今までもパートごとに時間を決めて問題を解いてきたと思います。
模擬問題集を通して今の時間配分で試験が時間通りに終わるのか、改善点は
ないか確認をして、準備を万全にして試験に臨みましょう!

②苦手orまだ覚えてaいない単語だけを見て、音読して覚える

事前にまで覚えていない単語は印をつけたり、ノートにまとめておくと
効率よく学習できます。
単語一つが分からないだけで解けない問題もあります。
単語は漏れなく完璧に覚えましょう。
単語を完璧に覚えると英文を読むスピードも速くなります。
3秒以内に意味が出てこない単語も要チェックしておきましょう。
リスニング対策のためにも単語は意味が分かるだけでなく
正しく発音が出来るようになることが大切です。意味と発音セットで覚えましょう!

③不安の残る分野は専用問題集で反復練習をする

パートごとに何度もつまずいてしまう、点が伸びない苦手な所が出てくると思います。
パートの中でもどんな分野が苦手なのか分析し、例えば文法の品詞だとしたら、文法問題集を使って苦手な分野だけを徹底的に反復練習して出来る限りの苦手を潰しておきましょう!
一つでも不得意な分野を克服し、一点でもスコアをのばしましょう!

2週間前の学習法は何か新しいものを取り入れるよりかは
今ある知識をどれだけ完璧なものにするかと、試験に慣れて本番で本領発揮できるように練習するかがポイントです!

④良質な情報選択をしよう!TOEIC対策のために私が行った情報集収の方法

1.参考書の最初で紹介されている参考書の使い方を参考に学習する
2.TOEICテストで高得点取得者に学習方法を聞く
3.TwitterからTOEICについてのツイートを探し出したり、
参考になるツイートをしている本人にdmなどでコンタクトを取り、学習方法を教えてもらう。

1.参考書の最初で紹介されている参考書の使い方を参考に学習する

参考書の最初のページには使い方や効率的な学習方法が記載されています。
ここを見逃して問題を初めてしまってはもったいないです。
同じ模擬問題集というジャンルでも参考書の特長によって、使い方は様々です
まず初めは書いてある学習方法に忠実に従うことがおすすめです。

2.TOEICテストで高得点取得者に学習方法を聞く

英語に堪能な人に聞くこともいいですが、
同じTOEICで高得点、あるいは自分の目指しているスコア獲得者に学習方法を聞くのがベストです。
TOEICにはその試験のポイントやコツが存在します。
そのため、英語力を上げることも大切ですがTOEIC力を上げることが大切です!
TOEIC試験を受けたことのある人に積極的にコンタクトを取って、コツを
教えてもらうといいとおもいます!

3.TwitterからTOEICについてのツイートを探し出したり、
参考になるツイートをしている本人にdmなどでコンタクトを取り、学習方法を教えてもらう

TwitterにはTOEIC高得点者の方や受験経験のある翻訳家の方たちなど
がTOEIC試験対策の参考になるツイートを配信しています。
身近にTOEIC経験者のかたがいない、なんて時にはこのような方たちのツイートを参考にしたり、
dmで相談してみたりすると、良い情報を仕入れることが出来たりします。
しかしこの方法は対面ではないため、やり取りが難しいです金銭の授受や、対面での相談を持ち掛けられた時にはしっかり断りましょう。
誰のどの情報を信じるのかはこの情報が溢れた社会においてとても難しいですよね。
自分の身をしっかり守りながら情報の取捨選択をしていきましょう。

⑤試験当日の流れとオススメの過ごし方の紹介

まず試験当日はどんな流れで進んでいくのか紹介します。
TOEIC公式から発表されている試験当日の流れとしては以下の様になっています。
11:45~12:30 受付
12:35~13:00 試験の説明・音テスト
13:00~15:00 試験開始~試験終了
15:00~15:15 問題用紙・解答用紙の回収
15:15(予定) 解散
※試験当日に関する最新の情報は、受験票で知らされます。

では試験当日のお勧めの過ごし方やポイントを紹介します
☑前日は最低午後1時までには寝る!7時間は睡眠を取る
11時就寝7時起床がオススメ
☑朝ごはんはしっかりとるお昼ご飯は控えめに
試験会場に軽くおなかに入れられるものを持っていくのもオススメ
☑会場には受付開始と同時くらいについておく
☑最低限の復習用の参考書だけ持っていく
☑体温調節のしやすい恰好をする・空調確認する

睡眠不足は試験の際集中力の妨害につながります。
TOEICでは集中力が肝心です。7時間以上ねることが大切です!
オススメの就寝時間帯は11時~7時です
睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンは午前0時頃、目覚めを促すコルチゾールは午前6時頃に分泌が盛んになります。
この時間の間に睡眠を取ることで質のいい眠りを取ることができ、いい状態で試験に臨めます。

試験開始は13時です。お腹いっぱいにご飯を食べてお昼過ぎから眠くなる
なんて経験ありませんか?
私はすぐ睡魔が襲ってきてしまうので少しでも集中力を切らさないように
朝ごはんをしっかりと取ってお昼は軽くすましていました。
小腹が減って集中できなくても困るので、試験会場で簡単に食べられるようなものを準備しておくと調節ができます。

試験会場には余裕をもっていきましょう。
行動の余裕が心の余裕にもつながります。
また女性は特に、お手洗いが異常のほど混むことがるので
早めに試験会場に入り、お手洗いの場所の確認と先に済ませておくと
混んでいて試験に間に合わないかもしれないなんて言う心配を防げます。

参考書は試験前に軽く確認できるような単語帳など簡単に確認できる
ものをもっていくのがおススメです。
自分の復習したいものだけをまとめたノートなどもいいと思います。
問題集などを解いて分からないものが出てきたときに焦ってその1問に
時間を使うよりも、記憶を出来るだけ多く呼び起こしてインプットに時間をかけたほうが得点に結びつきます!

体温調節のしやすい服装をするのがオススメです。
試験会場が思ったよりも暑かったり、寒かったりするとなかなか試験を受けづらいですよね。
夏でも軽く羽織れるものを準備したり、冬なら重ね着で防寒をして
室温により脱ぎ着できると快適に試験に望めますよ!

参考にして頂いて快適に試験当日が過ごせるお手伝いができたらうれしく思います!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。